プレイマットベビー 必要?厚みはどのくらい?大きさは?折りたたみできるもの紹介 

キッズ
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

プレイマットはベビーに 必要です

赤ちゃんが寝がえり練習し始めや、一人遊びできるときなど、プレイマットの上で安全に遊べるマットがあると便利ですよね

 厚みはどのくらいがよいか大きさは?折りたたみできる紹介 します

   ↓公式サイトはこちらをクリック↓

\楽天ランキング1位/【選べる2サイズ】プレイマット 折りたたみ 厚手 薄手 ベビー おしゃれ 防水 赤ちゃん ベビーマット ベビープレイマット Hugmuu 大判 雲柄 くま柄 かわいい 男の子 女の子 収納袋付き 収納バッグ付き 180×200×2cm 150×180×1cm

1章プレイマットベビー 必要?

プレイマットは赤ちゃんが寝返りを始める生後4~6ヶ月頃から必要になることが多いです。

プレイマット ベビー 安全のために

プレイマットは柔らかく、赤ちゃんが転倒しても安全であり、おもちゃを落としても床に傷がつかず、食べ物をこぼしても簡単に拭き取れるため、メンテナンスも簡単です。

プレイマット ベビー 防音対策

また、2階以上にお住まいであれば、赤ちゃんが歩き出した際の防音対策としてプレイマットが必要です。

赤ちゃんの安全と快適さを考慮して、ご家庭の状況に合わせて選択するのが良いでしょう。

プレイマットの種類やデザインも多様で、おしゃれなものも多くありますので、お子様の成長に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

2章 プレイマットベビー 厚手

厚手のプレイマットは、赤ちゃんが快適に遊べるようにクッション性を提供し、床からの冷えや衝撃を和らげるために重要です。

プレイマットの厚さは1cmから4cm程度がおすすめされています。

厚すぎると安定感が失われることがありますが、ある程度の厚さがあると、赤ちゃんが転んだ時の衝撃を吸収し、防音効果も期待できます。

おすすめの厚手プレイマットには、以下のような特徴があります:

クッション性:赤ちゃんが転んでも安全。

防水性:こぼした液体や汚れが簡単に拭き取れる。

床暖房対応:冬場でも赤ちゃんが暖かく遊べる。

抗菌性:赤ちゃんの健康を守るために重要。

3章プレイマット ベビー 大きさ

ベビー用プレイマットの大きさは、一般的には140×200cmが多いです。

これは赤ちゃんが十分に動き回れるスペースを提供し、安全な遊び場を作るのに適しています。

ただし、プレイマットのサイズはお部屋のスペースや赤ちゃんの成長段階、利便性を考慮して選ぶことが大切です。

例えば、小さなお部屋や特定のエリアだけをカバーしたい場合は、90×90cmのコンパクトなサイズもあります3。

プレイマットを選ぶ際は、赤ちゃんの安全性を最優先に考え、部屋のサイズやインテリアに合わせて、最適なものを選ぶと良いでしょう。

また、プレイマットはインテリアの一部としても機能するため、デザインにも注目して選ぶと、部屋全体の雰囲気を高めることができます。

プレイマット 折り畳み

プレイマットは折り畳みできるので簡単に片づけることもできます

↓公式サイトはこちらをクリック↓

\楽天ランキング1位/【選べる2サイズ】プレイマット 折りたたみ 厚手 薄手 ベビー おしゃれ 防水 赤ちゃん ベビーマット ベビープレイマット Hugmuu 大判 雲柄 くま柄 かわいい 男の子 女の子 収納袋付き 収納バッグ付き 180×200×2cm 150×180×1cm

コメント

タイトルとURLをコピーしました