ラッシュガード 子供は学校で必要なの?サイズの選び方は?使用方法

キッズ
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ラッシュガードを子供が学校のプールの授業できるらしいと聞いたけれど、本当なのかな?

サイズの選び方はどうすればいいのか、

スクール水着 ラッシュガード 男女兼用 キッズ 女の子 男の子 フットマーク FOOTMARK シャインガード 1210135 女子 男子 小学生 中学生 子ども 子供 水着 長袖 前開き ジッパー UVカット 小学校 UPF 紫外線対策 スイミング

1章ラッシュガード 子供 学校

ラッシュガードは、子供が学校でプールの授業を受ける際に、紫外線対策や体温調整、ケガの防止などのために非常に有用です。

特に日焼け防止効果は大きく、紫外線は肌にダメージを与え、将来的には皮膚がんのリスクを高める可能性があるため、子供の頃からの対策が望ましいとされています。

しかし、学校や施設によってはラッシュガードの着用が認められていない場合もありますので、事前に確認することが重要です。

また、ラッシュガードを着用する際には、重さや動きやすさ、着脱のしやすさなどの点を考慮して選ぶ必要があります。

代替として、UVカット効果のある長袖の水着シャツやTシャツもオススメされていますので、お子様の好みや学校の規則に合わせて選択すると良いでしょう。

2章ラッシュガード 子供 サイズ 選び方

子供用ラッシュガードの、サイズの選び方は、普段の子供の服と同じサイズで大丈夫です。

ただし、ラッシュガードは体にフィットする作りになっているため、サイズ大きめを選んでも問題ありません。

学校のプールや海で泳ぐ時は、大きいサイズだと水の抵抗が増えるため、子供の体型に対してあまりにも大きいサイズは避けた方が良いでしょう。

ラッシュガードを選ぶ場合、サイズの他にも長袖か半袖か選ばなくてはいけないですね

ラッシュガードは非常に薄い生地で作られているため、体感温度はあまり変わらないとされています。

長袖は手の甲まで覆えるので、日焼け防止に適していますが、半袖はTシャツ感覚で着やすいというメリットがあります。

色に関しては、濃い色の方が紫外線カット率が高くなる傾向にありますが、色による紫外線遮断率の違いは数%程度なので、それほど気にする必要はないでしょう4。

最後に、フードの有無やチャック(ファスナー)の有無も選択肢として考えられます。フードなしの方が安全性が高く、チャックありの方が着脱が容易になります2。

3章ラッシュガードの子供の使い方

使い方としては、ラッシュガードはプールや海で着たまま泳ぐことができます。

ただし、市民プールなどでは着用が許可されていない場合もあるため、事前に確認が必要です。

水から上がった後は、寒ければ脱がせて乾いたタオルで身体を拭き、乾いたTシャツやパーカーに着せ替えると良いでしょう。

また、ラッシュガードを着用しても、顔や足など露出している部分には日焼け止めを塗ることが大切です。

ラッシュガード 洗濯

洗濯に関しては、水着と同様に扱い、洗濯表示に従ってください。ジップアップタイプの場合は、ファスナーを閉めてから洗濯ネットに入れることをお勧めします。

保育園や幼稚園での使用についても、同様の注意点が適用されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました