ミニトマト 栽培!花が咲かない実がつかない時に対策 いつまで

栽培

ミニトマトを栽培して、花が咲かないと悩んでいる人、ミニトマトが元気に育っている環境なのか、確認してそうで

ないなら対策をしましょう。

次に、花は咲いたけれど、実がつかない場合は何をしたらよいのか対策をしてみましょう。

もう、だめととあきらめないで、ミニトマトはいつまで栽培ができるかもお伝えします。

ミニトマト 栽培 花が咲かない場合

ミニトマトの栽培で、大事なことは

1、5月の連休ころに元気な苗を購入 葉がしっかりしているなど

2、日の当たる場所で育てる

3、水を適度にして、肥料は花が咲いたときに液体肥料を少しする。

うちの場合、6月中旬に苗を購入したので、時期が遅かった。

うちのベランダの前に5階建ての建物があって、日陰

という2つの問題がありました。

7月後半に近くの実家の庭にミニトマトをもっていきました。

そうしたら、8月14日に黄色い花が咲きましたよ♪

やったー♪

ミニトマト 栽培 実がつかない場合

黄色い花が咲いたので、あとは実ですが、どうすればよいのか調べてみました。

花が咲いたら、指で軽くはじいて、人工的に受粉させるといいようです。

今、8月は暑すぎるくらいですが、温度が低いときは、苗にホットキャップなどをかぶせて保温するとよいです。

うちの場合は8月17日、黄色い花が咲いたので、指ではじいて花粉を飛ばしてみました。

8月23日、ミニトマトを見に行ったら(うちのベランダは日当たりが悪いので、近所の実家の庭にミニトマトを置いています)

黄色い花が増えていました。水をしっかりやってみました。

ミニトマト 栽培 いつまで

9月までミニトマトは実がつくといいますが、ネットで調べると、12月でもミニトマトの実がつくみたいですよ。

だから、まだ、8月なので、がんばれる!

ただ、12月でもミニトマトの実がついたお宅は、日当たりが良いベランダのような写真でした。

2階なのか、おひさまの光がまぶしそうな写真でした。

実のつく植物は、おひさまが大事です。

太陽の日が良く当たる場所にミニトマトを置くのは大事ですよ。

さいごに

ミニトマト栽培、意外に難しいです。

ご近所で、家の前にミニトマトの袋(昨年より土の入っている袋に苗と支柱をさしている)が3つくらい置いてあるお宅のミニトマトはいっぱいなってました。

そのうちのおばあちゃまと知り合いなので、ミニトマト1ついただきましたが、おいしかったです。

そのお宅は、玄関前に太陽の光がしっかり差し、夏は、きゅうり、なす、ミニトマトをマイ通し植えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました