ミニトマト 栽培 初心者の手入れ注意点 水やり わき芽 摘芯

栽培

ミニトマト栽培の初心者は 何が注意点なのでしょうか。

初めて、ミニトマトを栽培するのに何をやっていけばいいのか、調べてみました。

水やりは わき芽とは 摘芯とは どうしたらよいのかお伝えします。

ミニトマト栽培の初心者は何が注意点

植物の成長には水やりが欠かせません。

けれど、水のやり方によっては、根が腐ったりすることもありえます。

その他に、何が注意点なのかというと、茎の根元から出ている小さな芽 わき芽といいますが、それに気をつけなくてはいけません。

そして、注意点のもう1つ、摘芯とは、茎の伸びたてっぺんを切って落とすことを言います。

ミニトマト栽培 水やり

植物の成長には、日当たり、土が大事ですが、日々の手入れの水やりが一番です。

水やりの量、頻度など気になることがありますね。

水やりの頻度

トマトの苗が埋まっている土の表面が乾いてから水やりします。

トマトの原産の南アメリカは乾燥している地域なので、トマトは巻子に強く、逆に水はやりすぎると、根が腐ってしまいます。

とはいえ、まるっきり乾燥して水分がなくなると、ミニトマトが枯れてしまいます。

おいしいミニトマトの実を育てたいので、適度な水やりはしなくてはならず、水やりするタイミングは外してはいけません。

表面が乾いたら、すぐ水やりしましょう。

水やり量

ミニトマトの苗が埋まっている土の表面が乾いたとき、水やりはたっぷりとしてください。

気を付けてほしいのは、水やりで葉や茎にかけないようにしてください。

そして、土が乾くまでは、水やり蓮なくてもよいです。

ミニトマト わき芽

ミニトマトの茎に芽が出たらわき芽とりします。

芽が大きくなって、枝を伸ばすために栄養素が使われてしまいます。

そうすると、実に栄養がいきなくなります。

葉が増えて、いっぱいになると、葉が影になって、日が当たらなくなるのも困ります。

そのために、葉が茂る前に、わき芽とりは忘れずにして、ミニトマトの実をおいしくつくりたいですね。

ミニトマトのわき芽の取り方

ミニトマトの茎にちょろっと出たわき芽は、芽がやわらかいうちにすべて、とります。

湿るとくさりやすくなるので、天気の良いときの午前中にそっと、指でつまんでとると、切ったところが乾きやすいです。

やわらかい芽は指でつまめば、とれます。

わき芽は、はさみで切ると、そこから病気になる場合があるので、指でつまんで取りましょう。

ミニトマト摘芯

ミニトマトの茎が大きくなり、葉や茎に栄養がいくと、実のつき方が悪くなったりします。

茎が伸びるのを止める摘芯をしましょう。

摘芯する時期は、植えてから2か月たったくらいに、支柱よりも伸びてきたらします。

さいごに

私は花をもらって花瓶にいれても、水を変えるのを忘れてからしたりします。

レモンに続いて、ミニトマトにチャレンジしていますが、どうなることやら。

はじめに、ミニトマトが2つついてきましたが、それからは、全然。

寒いからなかなかなのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました