ミニトマト栽培30日様子 水やり プランターの場合の頻度とサイン

ミニトマト

ミニトマト栽培を、2021年5月6日より初めて、花は咲きました。

水やりはプランターの場合、頻度はどのくらいがよいのか。

ミニトマトの水やりのサインってあるのかお伝えします。

ミニトマト 栽培 30日の様子

ミニトマトを2021年5月6日に初めて、黄色い花が咲きました。

14日前のミニトマトは

このころより順調に育っています。

ミニトマトの栽培の水やりの頻度


(2021年6月7日のミニトマト)

昨年、うちのベランダでミニトマトを栽培して、失敗 (花が咲かない、花が咲かないので、実家の庭に置き始めたら、花が咲いた。

けれど、秋になってから。

今年は近所の実家にミニトマトを置いていて、あさ、いけるときに水やりしていた。

けれど、先週の終わりくらいに見たら、ミニトマトの葉っぱが枯れているのがあった。

天気がいい日が続くので、毎日水やりしたほうがよかったのかな。

6月7日のミニトマトの写真は、ミニトマトの枯れた歯を取り除いて、水やりした次の日のものなので葉は元気そうですが、葉が枯れているときは元気なさそうでした。

ミニトマト 水やり サイン

ミニトマトの葉が枯れていたので、前日の水やりしていなかったので、毎日様子を見ることにしました。

ミニトマトの水やりのサイン こんな時は水やりしたほうがよいとかあるのか、調べてみました。

ネットでの情報
ミニトマトを見て、葉っぱが萎れていたらたっぷり水やりしょう。 土が乾いているかより、葉っぱの状態を目安にしてください。 水の緩急をつけることで果実の甘みが増します。

根元だけでなく全体に水が行きわたるよう、プランターなら鉢底から流れ出るまで、水を与えてください。 実が付いてきたら、さらに水やりは控えます。 葉が水不足でしおれてくる直前のタイミングまで待って、たっぷりやるようにしましょう。 水分が多いと実が裂けてしまう現象にもつながります。

以上、ネット情報

まだ、実がついていないので葉が枯れない程度に水やりしたほうがよいですね。

まとめ

葉が枯れないように水やりする。

水やりするときはたっぷり水やりする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました