時短レシピ 夕食 作り置き 簡単な野菜料理の作り方

作り置き レシピ

時短レシピの前に何を食べるか決める、メインをつくる。

そのメニューの付け合わせや副菜に何を作るか決めて、悩まず、作りましょう。

ぶきっちょな私でも素早く食事を用意できる食事つくりの手順やレシピを紹介します。 

  

時短 野菜料理

夫も私も外で働いていて、夫はぶきちょ、私も手早くできるほうじゃないので、時短レシピ、作り置きをしています。

野菜は、買った日から劣化が始まるので、食べる分だけ買うか、加工して冷蔵、冷凍したいですね。

夕食 作り置き 野菜

野菜料理は何があるのでしょうか。

1、ゆで野菜

2、おひたし

3、コールスロー

野菜だけならこんなものがありますね。

というか、野菜料理というほどのものではないけれど、野菜のゆでっぱなしがおすすめです。

野菜を買ったら、そのひのうちに下ごしらえができるとうれしいですね。

たべたいときにたべられるようにすると、毎日が楽です。

野菜 下ごしらえ ゆで野菜

野菜は水か水道のお湯で土などを落とすように洗って、ざるにとります。

水分が切れたら、ゆでるか、葉物の場合ゆでると、ビタミンが水に出るような気がするので、簡単蒸し器で蒸します。

ゆでた野菜はジッパーつきのビニール袋にいれます。

ゆで野菜で良く作っておくのは、

1、小松菜、ホウレンソウ

2、もやし

3、じゃがいも、さつまいも、さといも

イモ類は、皮ごとの場合、良く洗って鍋で10分くらい煮て、柔らかくなっていなくてもふたをしておけば柔らかくなります。

おひたし

ホウレンソウ、小松菜、春菊は購入した日にゆでておきましょう。

青菜はすぐ悪くなるので、食べる日に購入するくらいにしたいですね。

お浸し 作り方

ビタミンCは、水溶性 水に栄養が出やすいので、短時間に蒸すと栄養が出にくい気がします。

1、そのため、青菜は、洗って土などをよくとり、ざるにとってかために蒸します。

2、蒸し器から出して、軽くしぼって食べやすい長さに切り、保存容器に入れます。

3、保存容器にだし(液体だしの

コールスロー

コールスロー 材料

キャベツ、にんじん、ピーマンなどありあわせの野菜、豆、わかめ

1、キャベツ、ニンジン、ピーマンなど好きな野菜を千切りにして、さっとゆでる。

豆はゆでてあるのを購入すると簡単、わかめは食べやすい大きさに切る。

2、材料は軽く絞って、塩コショウ、好みでマヨネーズを入れる。

3、鶏の蒸したり、焼いたものをさいて入れるとおいしいし、腹持ちもよいです。

作り置き 簡単 ダイエット

 

せっかく作り置きするんだったら、ダイエットしやすい食材を始めにチョイスしましょう。

作り置きをしながら 簡単 ダイエットしやすくなります。

野菜でダイエットを期待できるとしたら、糖質の少ないものを選ぶとよいでしょう。

ただ、野菜だけだと物足りないので、肉料理は食べましょう。

作り置き 簡単 日持ち

作り置き 簡単にできても日持ちしないと、また、作らなくてはなりませんよね~

野菜料理なら冷蔵で3日間は暖丈夫ですが、臭いをかいで、これは変なにおいがすると思ったら、

まとめ

野菜はシンプルにゆでるのがおいしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました