高齢者 入院 準備!必要なもの あると便利 レンタルがいいもの   

高齢者の母が転んで足を折ったので、入院することになったので準備しました。

母は5年前にも入院したので、あわてませんでしたが、病院に行くのに制限がある期間だったので、考えなくてはいけないこともありました。

必要なものとあると便利なもの、入院するしている間にレンタルした方が楽なものをお伝えします。

  

高齢者 入院 準備

高齢者 入院 準備は入院する原因や緊急な場合、本人ができないので、まず、必要なものを準備します。

怪我したり、脳梗塞などを起こして、救急車で行く場合でも、最低、これだけは必要なものは、常に、すぐ、持っていけるような

引き出しなどに入れておくといいですね。

うちの母の場合は、転んで起きれないので(太ももを骨折)、一緒に住んでいる妹が救急車を呼んで、以前、ひざを手術した病院

を指定して、行ってもらいました。

高齢者 入院 必要なもの

病院に提出するもの

健康保険証、75歳以上の高齢者なら後期高齢者保険証
介護保険証
お薬手帳は必ず持っていきましょう。
診察券
限度額適用認定証(お金がかかる入院時には、国保なら住んでいる区役所役所、組合健保なら組合健保)で、出してもらいましょう。
印鑑(入院するときに病院の書類 入院誓約書、室料差額徴収同意書に署名、印鑑が必要な場合があるので用意しましょう。

生活に必要なもの

パジャマ(病院のレンタルしない場合 前開き・袖口が広い、綿素材のパジャマがおすすめ)

タオル(病院 )

洗面用具

下着

レジ袋・ビニール袋:

ティッシュボックス:

箸、スプーン:(病院によっては必要)

履き物 うちの母は太ももの骨折の手術なので、病院でリハビリするので、ベルト付きのシューズを用意しました。

携帯電話(スマートフォン) 充電器

イヤホン(一人部屋以外でテレビを見る場合は必要です)

筆記用具 書類に書く事があるので、ボールペン1本あるといい

メガネ

ルームソックス: 寒さ対策に。足首のゆるいの靴下が楽です

高齢者 入院 あると便利なもの

ゴミ袋 ちょっとしたごみを入れる

耳栓

ストロー 横になった時に飲みやすい

つまようじ

タオルケット

のど飴・リップクリーム・目薬

高齢者 入院 レンタルがいいもの

病院に入るのも制限がある場合、はやり病があるときなど、着替えを取りに行って洗濯して持っていくのも大変な場合、費用が掛

かりますが、パジャマとタオルのセットはレンタルした方が良いでしょう。

入院 レンタル 内容と費用

入院するのに必要なもので、入院するときに、聞かれるのが、病院で使うものをレンタルするかということです。

単品で借りれる場合とセットの場合と、病院に入っている業者さんによって違います。

毎日使うタオルと、数日で着替えるパジャマは、うちの場合はセットのものを借りました。

足の骨折の手術で入院したため、トイレにも行けないので、おむつもレンタルしました。

病院によって多少値段は違いますが、ほぼ、下記の通りでした。

パジャマ、タオルセット  1日  470円~506円 税込み

おむつ          1日  530~580円  税込み

大体このくらいかかります。

さいごに

高齢者の入院といっても自分も高齢者に近づいてきているので、楽できるときは楽、レンタルで着るものはレンタルしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました